【江戸川区 / 葛西駅】宝来湯

SCROLL

MENU
BACK

【江戸川区 / 葛西駅】宝来湯

〒134-0013 東京都江戸川区江戸川6-12-16

旧江戸川と新川に挟まれた立地の「宝来湯」は川沿いのジョギングやサイクリングの休憩にちょうど良さそうです。

最寄の駅は東京メトロ東西線「葛西駅」と都営新宿線「一之江駅」からそれぞれ徒歩15分ほどの場所にあります。
徒歩だと最寄の駅からは若干歩くことになりますが、環七通り沿いという立地からバスの利用が楽ですね。
「古川親水公園」停留所からもすぐなので遠方からのご利用の際には駅からバスをご利用ください。

「宝来湯」の創業は詳しい年代は不明ですが明治から営業しているとのこと。
現三代目に二代目があまり語らなかったようですが、昭和の初期に一度建て直しているようで、建物自体は二代目とのこと。

「宝来湯」の入口は番台式です。
脱衣所のロッカーの横には脱衣カゴが置いてあり全体的にレトロ銭湯の雰囲気です。

「宝来湯」の浴場は非常にコンパクト。
25年ほど前にやった中普請(内側の改装)では浴槽に超音波(ジェットバス)とバイブラバスが取付けられました。
他はタイルを変えたくらいなのでこちらもレトロ感満載です。お湯には
「麦飯石」(ばくはんせき)を使用。

ペンキ絵は若手のペンキ絵師「田中みずき」さんの作品!2014年の作品で男湯は定番の富士の絵が描かれています。

「宝来湯」の名前の由来については何とも縁起の良さそうな「宝来」の文字。

そのままの意味で「宝が来る」という「宝来」という文字ですが、店主さん曰く

「ほ〜らイイ湯」が由来だよ!

とのこと(笑)。

女湯の脱衣所横の棚にミリタリー物のビデオや本が置いてあります。富士の総火力演習のDVDなどもありました。
どうやら店主さん、ミリタリー物が趣味なようで、お話を振れば色々と話してくれます!笑

女性で興味ある方はなかなかいないかとは思いますが、男性で興味のある方は是非店主さんとお話してみてください!

関連記事

AUTHOR

日野 祥太郎

TAG

一之江駅新川旧江戸川江戸川区葛西駅
  • FACEBOOKでも記事をお届け!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

RECOMMEND

ARCHIVE

RANKING

PAGE TOP