MANGA

銭湯の魅力をマンガで楽しく面白く紹介!

SCROLL

MENU
BACK

【今日のオフロ#東京編】#011昨日のように

「今日のオフロ#東京編」第十一話。久しぶりに向かった銭湯のお話

つい最近第、一話・第七話で登場した、なぜかドライヤー代(30円)をもらう銭湯へ向かいました。

第一話 名前は知らないけれど

第七話 銭湯のいい話①

そこの銭湯で髪を乾かそうとした時、ドライヤーが新しいものに変わっていました。

「ドライヤー、新しくなってますね」と番頭のおばあちゃんに話したら、

「もう、ずっと前から変わっているよ」と答えてくれました。

私は銭湯の目の前に住んでいるため、普段は一番近くの銭湯に向かいます。以前通っていた銭湯へ向かうとなると、何かの用事で近くまで立ち寄った時くらいで、向かうタイミングは必然的に少なくなります。

それでも番頭のおばあちゃんと私のように何かしらのコミュニケーションがあると、最後にそこの銭湯へ立ち寄った日がたとえ半年前であっても、昨日のような感覚で過ごしてしまいます。きっとこれは銭湯でなくても共通するものなのですが、何者かの日常に内気な自分であっても、存在していたことを改めて実感します。

ドライヤー代(30円 ※2分につき10円)をなぜかいただくことも、3年目に入りました。しかしドライヤーは新しくなり、性能もよくなったことから髪が早く乾いたので、帰り際おばあちゃんに10円を返し、私は駅を目指して帰宅しました。

 

4コマ漫画「今日のオフロ#東京編」とは?

銭湯の目の前で暮らす、「東京銭湯 – TOKYO SENTO -」ライター・のんたん。彼女の目から見た、ちょっとゆるくて、ちょっと優しい東京都内の銭湯での日常を、4コマ漫画でお届けします。※4コマの内容は基本すべて、ノンフィクションです。

ゆるい4コマもなんやかんやで、連載が始まって1年が経過しました。ありがとうございます。

バックナンバーはこちら

AUTHOR

のんたん(クボタ ノブエ)

TAG

4koma4コマクボタノブエのんたん世田谷区今日のオフロ東京編銭湯漫画
  • FACEBOOKでも記事をお届け!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

RECOMMEND

ARCHIVE

RANKING

PAGE TOP