SPECIAL

銭湯を一緒に盛り上げていく共同企画や
ちょっとリッチな記事はこちら!

SCROLL

MENU
BACK

【初の遠征!初の温泉巡り!】設立2年目を迎えた「バスクリン銭湯部」が、茨城県つくば市の温泉『ホテルレイクサイドつくば』に行ってきました。 温泉のプロ「つくば研究所メンバー」もコラム初登場!

〒300-1273 茨城県つくば市下岩崎708-1

bathclin_07

バスクリン銭湯部の齊藤です!

おかげさまで、バスクリン銭湯部も設立から2年目を迎え、
「東京銭湯 - TOKYO SENTO - 」でコラムを掲載させていただいてからも、丸1年が経ちました。

社内での認知も徐々に高まり、当初は「銭湯部って何してるの?」という感じもあったのですが、最近では「今日、銭湯部あるんでしょ? 行ってらっしゃい!」なんて声をかけてもらうことも増えてきました。

周りの社員が気にかけてくれるのは本当に嬉しいですね♪

これからも社内外問わず、皆さんに応援してもらえるよう、日々の活動に励んでいきたいと思います。

さて、そんなバスクリン銭湯部ですが、今回は初の遠征、
初の温泉巡りコラムです。

「銭湯じゃないの?」というお声が聞こえてきそうですが、
つくば市には銭湯が少なく、スーパー銭湯や温泉施設が多いとのことで、今回は天然温泉のご紹介となります。

~それではバスクリン銭湯部にしばしお付き合いください。 GO! FURO!

つくば駅到着

仕事を終えたメンバー一行は、市ヶ谷本社を出発し、今回の遠征の舞台、茨城県「つくば駅」へ。

(この時、すでに旅行気分。。。)

今回コラム初登場、信頼性保証室の鳥居さん(写真右)。北は北海道、南は沖縄まで各地の名湯をまわったことがある、温泉にとても詳しい先輩です。

実は、ここ「つくば市」には、
バスクリンの精鋭たちが集う「つくば研究所」があります。

もともと今回、「当社の研究員との交流を深めたい。」そんな想いから始まったつくば市への遠征。

ということで、まずはつくば研究所メンバーと合流するため、研究所にぶらり。
(わたし自身もつくば研究所には3回しか行ったことがないので興味津々。)

つくば研前で集合写真-2
バスクリン銭湯部史上最多、今回は9名が集合!

左から松浦さん、児島さん、吉岡さん、石澤さん、おなじみの高橋くん・小松くん、鳥居さん、奥川さん、そしてわたくし齊藤です。

(研究所のアットホームな雰囲気の歓迎にほっこり♪)

折角の機会なので、皆様にも研究所の中をちょっぴりご紹介しちゃいます。

入浴剤評価室
[入浴剤評価室]  こちらは、10以上の浴槽が並んでおり、入浴剤を実際に入れて溶かした際の香りや色味・湯ざわりの評価(試験)をしています。

ちなみに「バスクリン」で一番人気の「ゆずの香り」は62回、試した末に生まれた香りとなります。わが社ながらすごい。。。

調香
[調香室]  調香台の前に座っているのは、香りの達人、当社専任の調香師です。

数千種類ある香料を組み合わせて、オリジナルの香りを作りだしていきます。(写真は調香台の一部です。)奥深き香りの世界。

小さな植物園もあります、原料から自分たちで育ててみて気づくことがあるボタン-2

[生薬園]  生薬の研究実績は津村順天堂時代から。100年以上に渡って研究を続けています。

こちらの生薬は、製品で使用するものとは別もので、
自分たちの研究用として育てながら、実際に薬用植物の特徴や成長の過程などを観察。現物を見て、現実を把握する姿勢を大切にしています。

ちなみに写真はボタン(牡丹)です。 ※生薬名はボタンピ(牡丹皮)
当社製品では主に「育毛剤」で使われています。

「自分たちが使いたい物でなければ世に出さない」

この想いのもと、「安全・安心・高品質」の製品を提供するため、今日も研究に励んでおります。その他にも紹介したいものがたくさんありますが、今日はこの辺で♪


さて、つくば研究所を出発した一行は、
牛久駅(牛久沼方面)へ車を走らせること約30分。

自然の多い、とても長閑な今回の目的地に到着です。

レイクサイドつくば外観DSCF6726

今回お世話になったのは、
「ホテルレイクサイドつくば」さん。
自然に囲まれ、空気がとっても新鮮です。

「ホテルレイクサイドつくば」さんは、
お風呂が2箇所に分かれており、2階は牛久沼を一望できる「展望大浴場」、地下1階は「露天風呂」となっています。

自慢は掛け流しの天然温泉。
お客さまに兆(数字の位)の数まで長寿してほしいと願って

「兆寿泉」

と命名されたとか。
素敵ですね~♪

ちなみに、バスクリン銭湯部は地下1階の「露天風呂」にお世話になりました。

DSCF6708

この時、すでに19時。夜になると、静かで落ち着いた雰囲気を楽しめます。

DSCF6720

ちなみに明るい時はこんな感じです。
(バスクリン銭湯部のエース・小松くんがプライベートで来た時に撮影。)

DSCF6724

「兆寿泉」は泉質が「弱アルカリ性」で、肌に優しく美肌効果に適しているそうですよ。さらに、「熱の湯」とも言われ、冷え症などにも効果があり、湯冷めもしにくいとのこと!

(おかげ様で、研究所メンバーと色々な熱い話ができました♪)

お風呂で集合写真トップ画像候補

いつもは仕事でしか話すことがなかったつくば研究所メンバーでしたが、
研究所の仲の良さや、普段の仕事の考え方やプライベートの話などに触れられ、交流を深めるよい初遠征になりました。あったかい商品が開発される本当の秘訣は、このあったかい仲の良さにあるのかもしれません。

 

そして、最後は恒例の懇親会!
常磐線牛久駅の西口にある「こまつや」さんへ。

(お料理もお酒も、とても美味しい物ばかりでした♪)

飲み会は小松や-2飲み会

「熱の湯」のおかげで、湯冷めもしなかったため、キンキンに冷えた生ビールは格別の旨さ!

「この懇親会を一番楽しみにしていた」というメンバーもチラホラおりました(笑)が、それもこの活動の魅力の一つ。「銭湯・温泉」と「飲み会」の組み合わせは、最高のコミュニケーションツールなのかもしれません。

これからも、銭湯を盛り上げ、温泉も盛り上げ、入浴文化を盛り上げていくため、
仲間を増やしながら、バスクリン銭湯部で多くのつながりを深めてまいります。

 

最後に、
今回お世話になった「ホテルレイクサイドつくば」さん。
夏にはプールも営業しているようです!

初夏を感じさせる今日この頃。
ぜひプールと温泉の冷温体験を味わいに遠征してみてはいかがでしょうか。

レイクサイド集合写真

バスクリン銭湯部 齊藤翔大
sento@bathclin.co.jp

AUTHOR

バスクリン銭湯部

TAG

つくばエクスプレスみらい平駅つくば市つくば研究所バスクリン銭湯部ホテルレイクサイドつくば佐貫駅入浴剤評価室温泉牛久駅茨城県
  • FACEBOOKでも記事をお届け!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

RECOMMEND

ARCHIVE

RANKING

PAGE TOP