NEWS

銭湯、お風呂関連のニュース、イベント情報などをピックアップ。

SCROLL

MENU
BACK

昭和女子大生プロデュース!みんなの銭湯'sストーリー展「YOU&湯 ~あなたと銭湯~」開催【2018年2月25日(日)〜28日(水)】

東京都目黒区緑が丘2-7-13


「 YOU&湯 ~あなたと銭湯~」とは


2018年2月25日(日)〜28日(水)に自由が丘『みどり湯』gallery yururiにて、昔ながらの銭湯に魅せられた昭和女子大学環境デザイン学科の4名が、「YOU&湯 ~あなたと銭湯~」をテーマに展示会を開催します。

銭湯に関わる様々な人たちの話を聞く中で見えてくる銭湯を取り巻くストーリーを展示します。
建築・インテリアデザイン、プロダクトデザイン、デザインプロデュースをそれぞれ専攻している、昭和女子大学の4名の視点から、銭湯を解釈して表現した作品等を展示します。

 


この展示をすることになったきっかけは……偶然出会った銭湯のgallery


− この展示を銭湯で行うことになったきっかけを教えてください。

昭和女子大生:「実は、そもそも私たちは銭湯と何か関係があったわけではありません。
なにか展示会やりたい!という漠然とした想いを抱き、展示会場を探していたところ、『みどり湯』の併設ギャラリー yururiを見つけ、“銭湯”というテーマで“銭湯で”展示会をするのは面白そうだなと思い、銭湯に興味を持ったのがきっかけです。

偶然、その直後に「東京銭湯 - TOKYO SENTO -」のトークイベントがあるのを知り、イベント会場へ好奇心に突き動かされて向かいました。
そこで私たちは銭湯という場所が、思っていた以上に面白く、日本のカルチャーとして価値があり、魅力のあるものだと感じました。

  − 「東京銭湯 - TOKYO SENTO -」のイベントにも来てくれたんですね。

イベントに行ったその日から、実際に近くの銭湯に行ってみたり、銭湯関係のイベントに行ったりするうちに、どんどん銭湯にはまっていきました。
昔ながらの銭湯に魅せられると同時に銭湯が減少している現状について知り、単に何か作品展示をしたいという最初の主旨とは変わり、デザインでなにが出来るかを考えるプロジェクトをしようということになりました。

今回開催する展示会「YOU &湯」では、銭湯に普段行かれる方や銭湯に関わる様々な方々とエピソードや想いを交換して、今後のプロジェクトにつなげていきたいと考えています。

銭湯に日頃から通っている、銭湯が好き、銭湯に関心がある、銭湯は行ったことないけど興味がある! そもそも銭湯って何? という方のご来場を心よりお待ちしております。

ギャラリーの隣の『みどり湯』は会期中毎日24時まで営業していますので、展示と共に銭湯もお楽しみいただけたらと思います。」

 


「YOU &湯 ~あなたと銭湯~」では銭湯に関わる人たちへのインタビューをしました。


− 実際にインタビューをしてみて、どうでしたか?

「『東京銭湯 - TOKYO SENTO -』をはじめ、銭湯や銭湯のまわりで色々な取り組みをされている方々に、どんな想いやビジョンを持ってお仕事やご活動をされているのか、直接お話を聞かせていただきました。

自分たちが思っていたことより幅広いストーリーや、予想していなかった切り口など、たくさんの発見がありました。

快く取材にご協力下さった方々に、心から感謝しております。

それぞれの視点からの銭湯の魅力を知ると共に、銭湯の面白さをより感じ、とてもわくわくしています。会場で皆さまにこの様々なストーリーをご覧いただけたらと思います。」

 

インタビューにご協力くださった皆さま(50音順)

・加藤優一さま(「銭湯ぐらし」主宰)

・栗田尚史さま(荒川区『梅の湯』店主)

・清水裕さま(目黒区『みどり湯』店長)

・ステファニー・コロインさま(「浴場組合公認銭湯大使」)

・庭野里咲さま(目黒区『みどり湯』フロント)

・日野祥太郎さま(「東京銭湯 - TOKYO SENTO -」代表)

 


「YOU&湯 ~わたしと銭湯~」について


「わたしたちは銭湯というキーワードから、デザインの切り口で銭湯との関わりを考えました。同じ環境デザイン学科に所属する4人ですが、建築・インテリアデザイン、プロダクトデザイン、デザインプロデュースをそれぞれ専攻しています。会場でわたしたちそれぞれの作品をお楽しみいただければと思います。」

・ゆとひと(イラスト)by Ayako Arimoto

DMのイラストを担当しました。DMにもあるように、銭湯での何気ない仕草やひとのふとした瞬間を切り取っています。最近『みどり湯』でフロントのアルバイト始めました。

・おいでよ!どうぶつの湯(建築模型)by Akari Fujisawa

私の大好きな、どうぶつとスローライフを営むシュミレーションゲーム。もしも、その中に銭湯があったら? というテーマでイメージを膨らませ、建築学生ならではの手法で模型を展示します。

・湯みくじ(おみくじ)by Sakura Tsukamoto

あなたの銭湯運勢を占います。『みどり湯』で使えるドリンクチケット付きです。
(展示期間中 1日50本限定)

・1010 SOAP(せっけん)by Natsumi Minato

銭湯で使って欲しい固形せっけんを考えました。展示会場で数量限定で販売いたします。

 


「YOU&湯 ~あなたと銭湯~」自由が丘でお待ちしています! 



【展示詳細情報】

日時:2月25日(日)~28(水)13:00~21:00

レセプションパーティー:2月26日(月) 18:00~

場所:gallery yururi / 『みどり湯』併設 東京都目黒区緑が丘2-7-13

料金:入場無料

『みどり湯』営業時間:14:15~24:00 定休日木曜日

【プロフィール】

SENTO FOREVER

2017年10月10日、銭湯の日に結成したデザインで銭湯を考えるプロジェクトチーム。

 

昭和女子大学環境デザイン学科3年

有本彩子 (デザインプロデュース)

湊七海 (プロダクトデザイン)

塚本さくら (プロダクトデザイン)

藤澤茜里 (建築・インテリアデザイン)

□ Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/439510279815683??ti=ia

 


《『みどり湯』について》

自由が丘駅から徒歩7分のところにある銭湯。
「銭湯×ギャラリー×茶室」で“心とからだがリラックスできる空間”を提供しています。
ジェット付きの座湯、バイブラ、水風呂にサウナがあり、ゆっくりとしたひと時を過ごすことができます。

《gallery yururiについて》

“yururiを通じて人と人とがつながり ココロとカラダをリラックスできる空間の提供を……”をコンセプトに、『みどり湯』が経営するギャラリーです。
企画展やレンタルギャラリーとして展示イベントなどを行っています。場所は『みどり湯』のすぐ隣。二階には茶室もあります。

銭湯は町のコミュニティでカルチャー発生の場でもあります。yururiはレンタルギャラリーとして好きなものを展示してもらうのはもちろんですが、“銭湯とアート”という観点から「新しい銭湯の楽しみ方を提供したい」という想いから始まっています。
(一緒に銭湯を楽しめる面白いアイデアや持ち込み企画がありましたら、協力&バックアップしますのでお気軽にご相談ください!)

AUTHOR

n.yusuke。

TAG

YOU&湯yururiみどり湯展示昭和女子大生目黒区自由が丘
  • FACEBOOKでも記事をお届け!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

RECOMMEND

ARCHIVE

RANKING

PAGE TOP