COLUMN

銭湯、お風呂に関する執筆コラムを掲載。

SCROLL

MENU
BACK

銭湯PR誌「1010」の表紙絵を担当されていたなかだえりさんの作品展開催中!

東京都足立区千住3-16

既に会期を半分消化していますが会期後半はこれからですのでお知らせいたします。
以前浴場組合から発刊されてましたPR誌で「1010」(1010=千十=せんとう=銭湯!)というものがありまして、その表紙絵をなかだえりさんというイラストレーターさんが担当されていたことがあります。
そのなかださんが現在アトリエで作品展をされていたので実際に見に行かせていただきました!

場所は北千住駅から7、8分ほど歩いた所でしょうか。
築約50年のスナックをリノベーションした新アトリエということで名前を「奈可多"楼」といいます。

なかだえり作品展20150417

こちらがなかだえりさんです。
今回初めてお会いする方でしたがとても気さくな方でした!是非話しかけてみてください笑
横の下駄箱や後ろのタイルは銭湯からの頂き物出そうです。

なかだえり作品展20150417

そしてこちらが以前描かれていた「1010」の表紙です。一緒に写っている可愛いタオルは以前銭湯の日(10月10日)で各銭湯で配布されていたオリジナルタオルです!もちろん私も持ってはいるのですが超可愛いので色落ちが怖くまだ2回ほどしか使用していません…笑
このイラストを描いたのがなかださんだったとは…!

なかだえり作品展20150417

そんななかださんの今回の出展作品ですが、まず1階の事務スペースを兼ねた部分では漫画の作品を。

なかだえり作品展20150417

下が文字などがまだ手描きで入っている状態のもの、上がレタリングされているものが展示してあり、漫画の作業行程の一端が垣間みれて非常に興味深かったです。

そして下駄箱に靴を納めて2階に上がっていきますと…

なかだえり作品展20150417

なかだえり作品展20150417

これは渋い…!流石築50年のリノベーションアトリエ!なかださんは元々建築学科を出ているそうでしてリノベーションはご自身でやられたそうです。
そんな2階部分では数多くのイラストが展示されていました。
作品ごとに近くでは撮ってはいませんので是非足を運んで見に行ってみてください。

そしてレトロ感のある、カワイイイラストと一緒に関連書籍も置いてありました。

なかだえり作品展20150417

会場は多くの人で賑わっていましたよ〜

なかだえり作品展20150417

ということで残りの会期は今月の24(金)、25(土)、26(日)となっております!
近くには銭湯さんも多数ございますので、銭湯と芸術をセットで楽しんでみてはいかがでしょうか。

AUTHOR

東京銭湯運営

TAG

北千住駅芸術足立区
  • FACEBOOKでも記事をお届け!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

RECOMMEND

ARCHIVE

RANKING

PAGE TOP