COLUMN

銭湯、お風呂に関する執筆コラムを掲載。

SCROLL

MENU
BACK

「東京銭湯ウィーク」に行ってみた! なぜ銭湯にホタル?ご家族経営のあったか銭湯【荒川区 / 斉藤湯】

〒116-0014 東京都荒川区日暮里6-59-2

こんにちは♨ めっぽう寒くなってきて暖房と銭湯に依存しまくりの大学生ライター山田です。

先日、2017年11月26日から9日間限定で開催された「TOKYO SENTO WEEK<東京銭湯ウィーク>」に行ってきました!

東京銭湯ウィークは東京メトロで開催中の「TOKYO METRO 90 Days FES!」のスペシャル企画として行われたもので、「東京銭湯 -TOKYO SENTO -」もプロデュースに参画。1927年12月30日に東洋初の地下鉄として上野駅~浅草駅間が開通してから今年で90周年を迎えることを記念したイベントだったんです。

イベント期間中は都内5つの銭湯が「スペシャル風呂」となり多くのお客さんを楽しませてくれました。その中でも私は今回、荒川区『斉藤湯』さんの「谷中ホタル風呂」にお邪魔してきました!

 


銭湯にホタル出現!? 下町の露天風呂でリラックス「谷中ホタル風呂」


今回私がお邪魔させていただいたのは西日暮里にある『斉藤湯』。

昔、西日暮里周辺はホタルの名所で、たくさんの人たちがホタル見学に集まっていた場所だったそうです。そんな背景もあって『斉藤湯』は期間中、露天風呂が「ホタル風呂」に大変身!

今回は東京銭湯ウィーク期間中の『斉藤湯』さんの様子をご紹介しようと思います!

こちらが外観。83年目を迎える銭湯ではありますが、2年前の中普請により新しく生まれ変わりました! 営業前から並ぶお客さんもチラホラ!昼間から大盛り上がりです!

そして、「東京銭湯week」と書かれたかわいい暖簾をくぐると出迎えてくれたのは……

クリスマスツリー!

ご主人によると、2年前の中普請からお客さんが喜ぶようにと季節ごとにロビーの装飾を変えているのだそう。クリスマスソングも流れていて気を抜くと銭湯にいることを忘れてしまいそうでした……。

脱衣所は明るく清潔感満載です!

 


白濁色の露天風呂が「谷中ホタル風呂」に大変身!


浴場内に入ると4つの浴槽がお出迎え! 熱湯(43度)、高濃度炭酸泉(39度)、電気風呂、水風呂のラインナップ。浴場は天井が広く、明るい雰囲気です。そして、ワクワクしながらお目当ての露天風呂へいくと……

どどーーーん!

幻想的……ロマンチックな雰囲気が漂っています♨

ホタルをイメージして浮かべられたランプを眺めながら入るシルキーバスはまさに極楽……。嫌なことも白濁のお湯に溶けていってしまいそうなほどリラックスできちゃいました!

広めの休憩場所もあって長湯できちゃいます。

 


年配の方々と学生のお客さんが銭湯やホタルの話で盛り上がっているところに遭遇!


現在のご主人で三代目となる『斉藤湯』。

「街のためにもお客さんのためにも銭湯を残していきたい」とおっしゃるご主人。銭湯の良さを知ってもらいたい!との思いで2年前の中普請ではお年寄りから赤ちゃんまで楽しめる湯にしようと浴槽を5つ造りました。

また、種類だけでなく39度から43度まで様々な温度で入浴できるようにしたり、流行りの高濃度炭酸泉を取り入れて様々な年代の方が銭湯を楽しめるように工夫したそうです。「時代に合った新しい挑戦を続けていきたい」と、ご主人が語ってくれました。

今回ホタル風呂に入っていたところ、年配の方々と学生のお客さんが銭湯やホタルの話で盛り上がっているところに遭遇。

学生の方々は「これからイベント中の違う銭湯にハシゴ湯しに行ってきます~!」と言っていて、こうした楽しいイベントが若い世代の銭湯好きを広げているんだな~と実感した1日でした!

私と同じ学生の人にも銭湯好きが広がりますように。

AUTHOR

山田 夏穂

TAG

ホタル斉藤湯日暮里駅東京銭湯ウィーク荒川区
  • FACEBOOKでも記事をお届け!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

RECOMMEND

ARCHIVE

RANKING

PAGE TOP