【世田谷区 / 三軒茶屋駅】弘善湯

SCROLL

MENU
BACK

【世田谷区 / 三軒茶屋駅】弘善湯

〒154-0002 東京都世田谷区下馬2-36-15

番台のお母さんと立派な玄関が迎えてくれる、世田谷区『弘善湯』。

三軒茶屋の駅を出て、静かな昼の三角地帯を横目に246を渡り、下馬方面に向かっていくと、ところどころ昭和の面影を残す、昔ながらの商店街が続いています。

この栄通り商店街を抜けたところ、都営下馬アパートの手前に見えてくるのが特徴的なロケット型の煙突。今回お邪魔する『弘善湯』さんです。建物はモルタルの宮造り型で、立派な玄関が迎えてくれます。

脱衣所は白く塗られた竿縁天井で、欄間窓からの採光もあって開放感があります。男側、女側に一つずつ据え付けられたシーリングファンも涼しげです。水は張られていませんでしたが坪庭もありました、東京の銭湯らしくていいですね。浴室に入ると、富士山のペンキ絵が迎えてくれます。山梨側を描いたものでしょうか。浴槽は2つ、ジェットバスの浴槽もあります。追加料金なしでスチームサウナが使えるのも嬉しいです。

こうした浴室内の設備は同じ三軒茶屋の『千代の湯』と似ています。番台のお母さんに伺ったところ、創業も『千代の湯』と近く、昭和26年ということでした。裏手の陸軍用地、現都営下馬アパートに人が住むようになってから、銭湯の需要が高まっていたのでしょうか。往時の賑わいが偲ばれます。

三角地帯はもちろん、『弘善湯』に来るまでの間の商店街にもたくさんの飲食店がありますので、お風呂上がりはどこかに入って喉を潤してもいいかもしれませんね。

AUTHOR

Seo Kowhey

TAG

三軒茶屋駅世田谷区弘善湯田園都市線
  • FACEBOOKでも記事をお届け!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

RECOMMEND

ARCHIVE

RANKING

PAGE TOP