【練馬区 / 石神井公園駅】富士の湯

SCROLL

MENU
BACK

【練馬区 / 石神井公園駅】富士の湯

〒177-0031 東京都練馬区三原台1−30−1

石神井公園駅から、公園とは反対側へ、住宅街を歩いて10分ほど。立派な白壁宮造りの門構えで出迎えてくれる「富士の湯」さん。建物だけでなく、しっかりとお庭の手入れもされているようで、外観はさながら老舗旅館のような佇まい。エントランスには随所にさりげない装飾がほどこされていて、「神は細部に宿り給う」という言葉がありますが、ほんとうにそうだなあ!としみじみ。

10分くらい外で感動させて頂いたのち、いつもどおり、わくわくしながら暖簾をくぐると、この時期に嬉しいクラシカルな傘入れが。傘を横に保管するスタイルですね。

そして!こちらの富士の湯さん、驚くべきは脱衣所の美しさ。浴室も、外観も、どこも掃除が行き届いていてとても綺麗なのですが、特筆すべきはやっぱり脱衣所。鍵のかかるロッカーは壁1面のみで、それ以外は昔ながらの脱衣かごユーザーに向けた広々としたフローリングスペース。こちらの床がもう、ピッカピカ、ピッカピカなんです。わたしにはこの床の美しさが、床に直に座って脱衣かごで〜というスタイルが昔から続いてきた何よりの証のように感じられました。

浴室も同じくお綺麗で、湯船は2つ、ジェットバス付きの広めのものと、バイブラ湯がありました。壁は柳のタイル絵で、お庭には鯉の泳ぐ姿も。風情がありますね。

おとなりの大泉学園駅の「たつの湯」さんとちょっと佇まいが似ている気がしましたが、ご近所だからかな?

AUTHOR

ayumi iguchi

TAG

タイル絵レトロ銭湯宮造り富士の湯石神井公園駅練馬区脱衣かご薬湯
  • FACEBOOKでも記事をお届け!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

RECOMMEND

ARCHIVE

RANKING

PAGE TOP