【江戸川区 / 京成小岩駅】鶴の湯

SCROLL

MENU
BACK

【江戸川区 / 京成小岩駅】鶴の湯

〒133-0051 東京都江戸川区北小岩7-4-16

東京テレビで放送されていた「昼のセント酒」。「鶴の湯」はそのドラマの第1話のロケ銭湯になります。
場所は京成電鉄本線「京成小岩駅」から徒歩13分ほどの位置にあり、もう少し歩くと江戸川が見えて来ます。

どうでしょう、この「こういうのが好きなんだろ?」と言わんばかりの渋さ!路面に面していますが車通りが少ない道路なのと、対面の土地にスペースがあるため真正面からこの面構えが拝めます。

「鶴の湯」の創業は昭和31年。現在約60年ほどの歴史を持つ銭湯です。

「鶴の湯」の入口は番台式です。普段番台には女将さんなど女性の方が座っておられます。
格天井(ごうてんじょう)の下、広い脱衣所にはソファーやテレビなどのくつろぎスペースがあり、その他にも脱衣カゴやYakultの冷蔵庫など銭湯ならではの設備が並びます。

「鶴の湯」のペンキ絵は浴場の仕切り壁の中央に富士山が描かれています。
ペンキ絵は江戸川区の銭湯なのでもちろん田中さん。最初は早川さんが描いていましたが、その後中島さんになり今は田中さんが描いているという流れです。

「鶴の湯」の浴槽の種類は手前が薬湯、奥の2つがボディーマッサージ風呂となっています。
中普請(内部の改装)を昭和56年頃に行い浴槽は現状のスタイルとなっていますが、昔は滝が付いた岩風呂もあったそうです。

薬湯は平成8年くらいからやり始めました。

そして外に出ると露天風呂も完備!平成10年頃に完成しました。
「鶴の湯」の周りは土地が広かったので敷地を広げやすいという恩恵があり、十分な広さの露天風呂です。

他にも脱衣所併設のウッドデッキがあったり、お米の販売などもしており、地域のお客さんに愛されている銭湯です。

関連記事

AUTHOR

日野 祥太郎

TAG

お湯の富士京成小岩駅昼のセント酒江戸川区鶴の湯
  • FACEBOOKでも記事をお届け!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

RECOMMEND

ARCHIVE

RANKING

PAGE TOP